Tannisho Cafe

– Shinran Study Club –

親鸞聖人の悪人正機説の真意を誰よりも分かりやすく答えます!

親鸞聖人の悪人正機説の真意を誰よりも分かりやすく答えます!

歎異抄のテーマは善人と悪人。

なぜ「なぜ善人よりも悪人なのか?」このような質問をいただいたので簡単に答えます。

歎異抄で言われている善人とは…

「自分が悪人であることに、まだ気がついていない人」の事を言います。

親鸞聖人の悪人正機説の真意を誰よりも分かりやすく答えます!

『光に向かって100の花束』という本から「悪人ばかりだとケンカにならない」というお話を紹介しましょう。

ある所に、内輪ゲンカの絶えないA家と、平和そのもののB家とが隣接していた。

ケンカの絶えないA家の主人は、隣はどうして仲よくやっているのか不思議でたまらず、ある日、B家を訪ねて懇願した。

「ご承知のとおり、私の家はケンカが絶えず困っております。お宅はみなさん仲よくやっておられますが、なにか秘訣でもあるのでしょうか。一家和楽の方法があったら、どうか教えていただきたい」

文章マーカー文章

てっきり皮肉られているのだと、A家の主人は激怒して、「そんなばかな!!」と、言おうとしたとき、B家の奥で大きな音がした。

 

どうも皿かお茶碗でも割ったようである。

「お母さん、申し訳ありませんでした。私が足元を確かめずにおりましたので、大事なお茶碗をこわしてしまいました。私が悪うございました。お許しください」

心から詫びている、お嫁さんの声がする。

 

「いやいや、おまえが悪かったのではありません。先ほどから始末しようしようと思いながら横着して、そんなところに置いた私が悪かったのです。すまんことをいたしました」

と、続いて姑さんの声が聞こえてきた。

 

「なるほど、この家の人たちは、みんな悪人ばかりだ。ケンカにならぬ理由がわかった」

A家の主人は感心して帰ったという。

 

謗るまじ たとえ咎ある 人なりと 我が過ちは それに勝れり

これで「なぜ善人よりも悪人なのか?」分かりましたでしょうか?

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや

歎異抄のテーマは善人と悪人。あなたは善人ですか?悪人ですか?ちょっと立ち止まって考えてみませんか?