Tannisho Cafe

– Shinran Study Club –

【歎異抄 第二章】原文・現代語訳

歎異抄 第二章

親鸞聖人の鮮明不動の信念

「地獄は一定すみかぞかし」

原文

おのおの十余ヶ国じゅうよかこくさかいえて、身命しんみょうかえりみずしてたずきたらしめたまう御志おんこころざし、ひとえに往生極楽おうじょうごくらくの道を問い聞かんがためなり。

しかるに、念仏ねんぶつよりほかに往生おうじょうの道をも存知ぞんじし、また法文等ほうもんとうをも知りたるらんと、心にくくおぼしておわしましてはんべらば、大きなるあやまりなり。

もししからば、南都北嶺なんとほくれいにもゆゆしき学匠がくしょうたち多くおわせられてそうろうなれば、かの人々にもあいたてまつりて、往生おうじょうようよくよくかるべきなり。



親鸞しんらんにおきては、「ただ念仏ねんぶつして弥陀みだたすけられまいらすべし」と、 よき人のおおせをかぶりてしんずるほかに、べつ子細しさいなきなり。

念仏ねんぶつは、まことに浄土じょうどに生まるるたねにてやはんべるらん、また地獄じごくつるごうにてやはんべるらん、そうじてもって存知ぞんじせざるなり。



たとい法然聖人ほうねんしょうにんにすかされまいらせて、念仏して地獄にちたりとも、 さらに後悔こうかいすべからずそうろう

そのゆえは、自余じよぎょうはげみてぶつになるべかりけるが、念仏ねんぶつもうして地獄にもちてそうらわばこそ、「すかされたてまつりて」という 後悔こうかいそうらわめ。



いずれのぎょうおよがたなれば、とても地獄は一定いちじょうすみかぞかし。



弥陀みだ本願ほんがんまことにおわしまさば、釈尊しゃくそん説教せっきょう虚言きょごんなるべからず。 仏説ぶっせつまことにおわしまさば、善導ぜんどう御釈おんしゃく虚言きょごんしたまうべからず。

善導ぜんどう御釈おんしゃくまことならば、法然ほうねんおおせ、そらごとならんや。 法然の仰せまことならば、親鸞がもうむね、またもってむなしかるべからずそうろうか。

せんずるところ、愚身ぐしん信心しんじんにおきてはかくのごとし。 このうえは、念仏ねんぶつをとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、 面々めんめん御計おんはからいなり、と云々うんぬん

現代語訳

あなた方が十余ヵ国の山河を越え、はるばる関東から身命をかえりみず、この親搬を訪ねられたお気持ちは、極楽ごくらくに生まれる道ただ一つ、問いただすすがためであろう。

だがもし親驚が、弥陀本願念仏のほかに、往生の方法や秘密の法文ほうもんなどを知っていながら、隠し立てでもしているのではなかろうかとお疑いなら、とんでもない誤りである。

それほど信じられぬ親鷲なら、奈良や比叡ひえいにでも行かれるがよい。あそこには立派な学者が多くいなさるから、それらの方々においになって、浄土に生まれる肝要かんようを、とくとお聞きなさるがよかろう。



親驚はただ、「本願を信じ念仏して、弥陀に救われなされ」と教える、法然上人ほうねんしょうにんおおせにしたがい信ずるほかに、何もないのだ。

念仏は、地獄につるごうだと言いふらす者もあるようだが、念仏は浄土に生まれるたねなのか、地獄に堕つる業なのか、まったくもって親鸞、知るところではない。たとえ法然上人にだまされて、念仏して地獄に堕ちても、親驚なんの後悔もないのだ。

なぜならば、念仏以外の修行をはげんで仏になれる私ならば、念仏したから地獄に堕ちたという後悔もあろう。


だが、いずれの善行ぜんぎょうもできぬ親響は、地獄のほかに行き場がないのである。


弥陀の本願がまことだから、ただその本願を説かれた、釈尊しゃくそんの教えにウソがあるはずはない。

釈迦しゃかの説法がまことならば、そのまま説かれた、善導大師ぜんどうだいし御釈おんしゃくに偽りがあるはずがなかろう。善導の御釈がまことならば、そのまま教えられた、法然上人のせにウソいつわりがあろうはずがないではないか。

法然の仰せがまことならば、そのまま伝える親驚の言うことも、そらごととは言えぬのではなかろうか。つまるところ、親驚の信心はくのごとしだ。

この上は、念仏を信じられようとも、お捨てになろうとも、おのおの方の勝手になさるがよかろう、と聖人せになりました。

出展:『歎異抄をひらく』高森顕徹(著)