Tannisho Cafe

– Shinran Study Club –

【歎異抄 第一章】原文・現代語訳

歎異抄 第一章

仏法の肝要、を言われた親鸞聖人のお言葉。

摂取不捨せっしゅふしゃ利益りやく

原文

弥陀みだ誓願不思議せいがんふしぎに助けられまいらせて往生おうじょうをばぐるなり」と 信じて「念仏申ねんぶつもうさん」と思いたつ心のおこるとき、 すなわち摂取不捨せっしゅふしゃ利益りやくにあずけしめたまうなり。

弥陀みだ本願ほんがんには老少善悪ろうしょうぜんあくの人をえらばず、ただ信心しんじんようとすと知るべし。

そのゆえは、罪悪深重ざいあくじんじゅう煩悩熾盛ぼんのうしじょう衆生しゅじょうを助けんがためのがんにてまします。

しかれば本願ほんがんしんぜんには、ぜんようにあらず、念仏ねんぶつにまさる べきぜんなきがゆえに、あくをもおそるべからず、 弥陀みだ本願ほんがんをさまたぐるほどのあくなきがゆえに、と云々うんぬん

現代語訳

”すべての衆生しゅじょうを救う”という、阿弥陀如来あみだにょらいの不思議な誓願せいがんに助けられ、疑いなく弥陀浄土じょうどく身となり、念仏称えようと思いたつ心のおこるとき、おさって捨てられぬ絶対の幸福に生かされるのである。

弥陀の救いには、老いも若きも善人も悪人も一切差別はない。ただ「仏願ぶつがん疑心ぎしんあることなし」の信心を肝要かんようと知らねばならぬ。

なぜ悪人でも、本願ほんがんを信ずるひとつで救われるのかといえば、煩悩ぼんのうの激しい最も罪の重い極悪人を助けるために建てられたのが、阿弥陀仏あみだぶつ本願の真骨頂だからである。

ゆえに弥陀の本願に救いられたならば、 一切の善は無用となる。弥陀よりたまわった念仏以上の善はないからだ。

また、どんな悪を犯しても、不安やおそれれは皆無かいむとなる。弥陀の本願で助からぬ悪はないからである、と聖人しょうにんおおせになりました。

出展:『歎異抄をひらく』高森顕徹(著)