Tannisho Cafe

– Shinran Study Club –

浄土真宗『恩徳讃』の素晴らしいマリンバ演奏と【法話】歌詞の意味

恩徳讃とは 意味 法話 動画 浄土真宗

今回は恩徳讃について、その歌詞と意味を紹介したいと思います。

それから、恩徳讃をマリンバで演奏してもらったので、ぜひそちらの動画も見てください。

先日インスタでも恩徳讃についての投稿をしました。親鸞聖人の『恩徳讃』。圧倒的なありがとうの気持ちにびっくり。

仏教では「恩」というものを非常に大切にしています。

『恩徳讃』

如来大悲の恩徳(にょらいだいひのおんどく)は、

身を粉にしても報ずべし(みをこにしてもほうずべし)

師主知識の恩徳(ししゅちしきのおんどく)も、

骨を砕きても謝すべし(ほねをくだきてもしゃすべし)。

そして、お待たせしました!素晴らしい恩徳讃のマリンバ演奏を紹介します!

『恩徳讃』の素晴らしいマリンバ演奏(島田義己さん)

何度聞いても素晴らしい演奏ですね~!

 

北見の天才マリンバ奏者、島田義己さんによる『恩徳讃』の演奏を紹介しました。

 

 

ところで、恩徳讃の歌の意味をご存じですか?

 

恩徳讃とは親鸞聖人がご自分のお気持ちを書いた歌です。下の法話動画にて説明しているので、どうぞご覧ください。

 

私の自慢の歌声入りですよ~。

 

【法話】浄土真宗『恩徳讃』の歌の意味